広告を出稿できるSNS、それぞれどんな特徴がある?

SNSにも広告が出稿できる?!

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は、国内でも年々利用者が増加しています。SNSは強い発信力を持つツールですが、それだけではなくコミュニケーション力や拡散力にも優れています。

年々SNSの利用者が増加していくにつれて、企業もSNSを使ったマーケティングの有用性に気づき始めました。すでに多くの企業が、SNSの公式アカウントを取得して運営を始めています。

さらにSNSには、広告も出稿できるということをご存知でしょうか。Facebook、Instagram、Twitter、LINE、TikTokなど様々なSNSにおいて、広告出稿が可能になっています。

SNSはターゲットが合えば、大変効果的なマーケティングが可能になるツールです。それぞれのSNSと広告の特性を知り、積極的な活用を始めてみましょう。

 

Facebook広告

Facebookの国内月間アクティブユーザーは、約2,700万人と少し減少傾向にあります。しかし40代を中心にして、30~50代の男女に幅広く利用者がいるのが、Facebookの特徴です。

Facebook広告とは、Facebookのタイムラインに表示を出すことができる広告のことです。Facebookの国内ユーザーに限らず、世界のFacebook利用者に向けて広告を出すことも可能です。

Facebookでは実名登録が基本です。そのため、Facebookに登録されている年齢や性別、住所、職業などの個人情報は、信頼できるデータです。

Facebook広告はその個人情報を元に、ターゲティングを行うため、正確なターゲティングが可能になるのです。ターゲティングの正確さこそが、Facebook広告の魅力と言えます。

 

Instagram広告

Instagramの国内月間アクティブユーザーは、約3,300万人と増加傾向にあります。Instagram利用者の年齢層は広がりつつありますが、やはり10代~30代の女性利用率が高いのが特徴になっています。

InstagramはビジュアルをメインとしたSNSであるため、インパクトのある写真や写真映えする写真が人の心を動かします。Instagramの投稿写真を見たことがきっかけになり、購買に至ったという経験がある女性が多いのも特徴的です。

Instagram広告は、若年女性に関連する商材が向いています。具体的には、旅行、美容、化粧品、アパレルなどです。

Instagramでは、広告らしい広告は利用者に敬遠されがちで、投稿のような自然な広告が好まれます。また、直感や感情に直接訴えるような広告であることが、成功のポイントになります。

Instagram広告には数種類ありますが、ストーリーズ広告はストーリーズフィード上に自然に挿入されるため、Instagram利用者に広告だと警戒されすぎることなくアピールすることができます。

 

Twitter広告

Twitterの国内月間アクティブユーザーは、約4,500万人と増加傾向にあります。40代の利用者も多くいますが、特に10~20代学生の利用率が高いのが、Twitterの特徴です。

Twitter広告で注目すべき点は、料金システムです。Twitter広告では、ユーザーの行動(エンゲージメント)に対して課金される、成功報酬型課金システムになっています。広告をクリック、リツイート、フォローなどをした場合に、課金が発生するシステムです。

しかしその後 同じユーザーにより2回目の行動(エンゲージメント)があっても、課金は発生しません。同じユーザーが同じ広告で、課金されるのは一度きりなのです。

さらに、リツイートされた広告が2次拡散されても、課金は発生しません。そのため、Twitter広告は拡散されればされるほど、費用対効果が高くなる広告なのです。

TwitterはSNSのなかでも最も拡散力があるため、一度拡散されて注目を浴びると絶大な広告効果が期待できるでしょう。

 

LINE広告

LINEの国内月間アクティブユーザーは、8,400万人以上です。LINEは10代の若者向けツールというイメージが強いのですが、実際には40代を中心に幅広い年齢層に利用されています。

家族や友人間でのコミュニケーションツールとして、LINEは日常的に使われています。他のSNSと比較すると、アクティブ率が驚異的に高いのもLINEの特徴です。

LINE広告は、「アクティブ性が高いトークリストの上部(Smart Channel)」「タイムライン」「LINE NEWSの記事一覧ページ」「LINEマンガの一覧ページ」「LINE BLOG 」などに、配信できます。

年齢などの属性はもちろん、興味や行動データでのターゲティングが可能なため、費用対効果に優れた広告配信が可能です。

他のSNSは使っていないがLINEのみ使っているというユーザーも多く、LINE広告は他のSNSよりも多くのユーザーに対して広告を発信することができるのが魅力です。

 

TikTok(ティックトック)広告

TikTokは、モバイル向けショート動画のプラットフォームです。視聴だけではなく、撮影編集、特殊効果を追加することが可能です。

TikTok(ティックトック)の国内アクティブユーザー数は、約1,000万人です。利用者は世界中で急増しています。現在国内では10代が中心で、女性が65%を占めています。

世界的な傾向から推察して、今後は国内でも20代以上と男性利用者が増えていくだろうと思われています。

TikTok広告は3種類あり、「起動画面広告」「#チャレンジ」「インフィード広告」です。「起動画面広告」は起動画面全体に表示され、インパクトを与えられる広告です。

「#チャレンジ」はタイアップ広告です。ユーザーに、コンテンツとして受け入れられやすいタイプの広告です。

「インフィード広告」も全画面表示の動画のため、訴求力がある広告です。「インフィード広告」では年齢ターゲティングが可能になりました。

「インフィード広告」は、5秒~15秒の動画であるという点、音楽や音を使える点、全画面表示だという点などから、印象に残りやすく効果が期待できる広告だと言えます。

 

 

関連記事

  1. Twitter上でのマーケティング、どんなメリットが有る?

    Twitterは、気軽につぶやくように投稿できるコミュニケーションツールで、Twitterに投稿することを「ツイートする」とか「つぶやく」と言います。 世界中に多数のTwitterユーザーがおり、日本国内でも月間アクティブユーザー数は4,500万人を超えています。

  2. Instagramでのマーケティング、どんなふうに行えばいい?

    インスタグラムは、2017年に「インスタ映え」という流行語を生み出すほど話題になりました。現在もユーザーは増加し続けており、国内月間アクティブユーザー数は3,300万人を突破しています。

  3. 拡散力の高いSNSを利用!ソーシャルメディアマーケティングとは?

    ソーシャルメディアマーケティングというのは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)を活用したマーケティング手法のことです。 Facebook、Twitter、Instagram、LINE、TikTokなどは、発信力、拡散力、コミュニケーション力などに優れています。

  4. LINEの公式アカウントを取得したい!どうすればいいの?

    LINEは日本人の6割以上が利用しており、毎日利用している人の割合も8割を超えています。LINEの利用者数や利用率はSNSの中でもトップレベルです。

ページ上部へ戻る
Close Bitnami banner
Bitnami