NEW Topics

  1.    

    デジタルポイントカードは無料で開始できる!LINEショップカードについて解説!

    デジタルポイントカードは、ポイントの管理もしやすく、集客促進のクーポン配信などもできる、便利なポイントシステムです。さらに、カードの印刷費やカードの在庫管理なども要らないため、経費が節約できるのも嬉しいメリットです。

  2.    

    メリットだけではない?デジタルポイントカード導入時の注意点は?

    デジタルポイントカードは、顧客にも店側にも利便性があるため、導入する企業や店舗も増えてきました。 しかし、従来のポイントカードをデジタルポイントカードに変更することや、新たにデジタルポイントカードを導入することにデメリットは無いのでしょうか。

  3.    

    デジタルポイントカードとは?従来のポイントカードとの違いは?

    デジタルポイントカードとは、従来のカード式のポイントカード機能を、スマートフォンの中に入れることができる、デジタルなポイントカード機能のことです。 スーパーや衣料品店などに買い物に行くと、多くの店がオリジナルポイントカードを発行しています。ポイントを貯めると現金の代わりに使えたり、ポイントに応じて景品がもらえたりします。

  4.    

    広告を出稿できるSNS、それぞれどんな特徴がある?

    SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は、国内でも年々利用者が増加しています。SNSは強い発信力を持つツールですが、それだけではなくコミュニケーション力や拡散力にも優れています。

  5.    

    拡散力の高いSNSを利用!ソーシャルメディアマーケティングとは?

    ソーシャルメディアマーケティングというのは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)を活用したマーケティング手法のことです。 Facebook、Twitter、Instagram、LINE、TikTokなどは、発信力、拡散力、コミュニケーション力などに優れています。

  6.    

    インバウンドマーケティングのコンテンツは大きく分けて4つ!認知獲得系コンテンツとは?

    インバウンドマーケティングとは、価値のあるコンテンツを用意することで、ユーザーのほうから企業や商品を「見つけてもらう」マーケティング手法です。最終的には自社を信頼して好きになってもらい、自発的に何度も購入してくれるリピーターになってもらうことを目指しています。

  7.    

    インバウンドマーケティングのポイント!理解促進系コンテンツとは?

    インバウンドマーケティングの手法には、4段階のステップがあります。1段階目は「認知獲得(Attract)」、2段階目は「理解促進(Convert)」、3段階目は「意思決定支援(Close)」、4段階目は「定着促進(Delight)」です。

  8.    

    マーケティングを自動で行ってくれるマーケティングオートメーション(MA)とは?

    近年企業のマーケティング活動において、自動化できるところは自動化しようという「マーケティング活動の自動化」が拡大しています。 このような自動化は、「マーケティングオートメーション」(Marketing Automation)を略して「MA(エムエー)」と呼ばれています。

  9.    

    インバウンドマーケティングのメリットとは?これまでのマーケティングはもう通用しない?

    これまでのマーケティングは、企業側から消費者にアプローチを行い、不特定多数を営業対象として考えるという形式でした。しかし、このようなアウトバウンドマーケティングは、今はもう成果を上げにくくなっています。

ページ上部へ戻る
Close Bitnami banner
Bitnami