拡散力の高いSNSを利用!ソーシャルメディアマーケティングとは?

ソーシャルメディアマーケティングとは?

ソーシャルメディアマーケティングというのは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)を活用したマーケティング手法のことです。

Facebook、Twitter、Instagram、LINE、TikTokなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)は、発信力、拡散力、コミュニケーション力などに優れています。

現在SNSの利用者は若年層が中心ではありますが、年々利用者は増加しており、利用者の年齢も広がりつつあります。ターゲット層が合致していれば、ソーシャルメディアはマーケティングの強力な武器にできるのです。

ソーシャルメディアマーケティングに活用できるSNSとは、どのようなSNSでしょうか。そして、どんな使い方ができるのでしょうか。

他のデジタルマーケティングと比較しながら、ソーシャルメディアマーケティングでどのようなマーケティングができるのか、ご紹介いたします。

 

ソーシャルメディアマーケティングに活用できるSNS

ソーシャルメディアマーケティングに使うSNSは、すでにある程度のユーザーがいる媒体が適しています。ユーザーが多いFacebook、Twitter、Instagram、LINE、TikTokなどは、ソーシャルメディアマーケティングに活用することができます。

また、自社のマーケティング戦略に取り入れるべきSNSを選ぶ際には、「ターゲット」と「目的」を明確にすることで、自社に適したSNSを選ぶことができます。

Facebook、Twitter、Instagram、LINE、TikTokなどは、それぞれ利用者層や利用場面、利用目的などが異なります。

自社のターゲット層のユーザーが多いSNSは何か、ソーシャルメディアマーケティングで何をしたいのか、という基準でそれぞれのSNSを検討して行きましょう。

 

ソーシャルメディアマーケティングの特徴とは?

ソーシャルメディアマーケティングの特徴としては、「ユーザーの生の声を反映しやすい」「拡散力が高い」「費用を抑えられる」、などの特徴があります。

  • ユーザーの生の声を反映しやすい

Facebook、Twitter、Instagram、LINEなどのSNSでは、情報を発信するとリアルタイムにユーザーの反応を確認することができます。「いいね!」の数やリツイートの数など、数値で反応を知ることができるのも利点です。

そして、投稿に対するユーザーの反響の大きさを測るだけではなく、1対1でのコミュニケーションを取ることもできます。ユーザーにコメントをもらい、要望を集めて改善の参考にすることも可能なのです。

SNSでユーザーとリアルタイムにやり取りをすることで、ユーザーの生の声をすぐに商品やサービス内容に反映することができるのです。

 

  • 拡散力が高い

ブログやWebサイトと比較すると、SNSは拡散力が高いのが特徴です。Facebookの シェア機能やTwitter のリツイート機能などは、ユーザー同士で情報拡散できる機能です。

特にTwitter はSNSの中でも拡散力に優れているため、ソーシャルメディアマーケティングでも注目したい媒体です。

 

  • 費用を抑えられる

SNSは発信力や拡散力が高いため、拡散力を利用して広告費用の削減につなげることも可能です。SNSの公式アカウントを、自社内で運営すれば運営費用はあまりかかりません。

顧客に伝えたい情報を伝えるには、今までは広告が一番効果的でした。しかしSNSをソーシャルメディアマーケティングに活用することで、企業から顧客に直接情報を伝えることが可能になりました。

Facebook でキャンペーンやセールの告知を行うことや、Twitterでイベントの臨場感を伝えることで来場を促すこともできます。

またSNSには広告を出すこともできます。SNSは他の既存の媒体広告と比較すると、ターゲティングの精度が高いのが特徴です。

属性でのターゲティングだけではなく、趣味や嗜好でターゲットを絞り込むこともできるため、費用対効果に優れた広告が可能になります。

 

ソーシャルメディアマーケティングの使い方

企業にとってソーシャルメディアマーケティングは多くのメリットがありますが、注意すべきこともあります。SNSで発信した情報は完全に消すことが難しいため、慎重さも必要です。

またソーシャルメディアマーケティングでは、企業側からの一方的な情報発信の場にしないことが最も重要です。

SNSを低予算で使える広告の媒体と考えると、一方的な情報発信の場にしてしまいがちです。そうではなく、SNSは人と人のコミュニケーションの場だと考えるべきなのです。

例えばイベントの告知をしたい場合に、チラシなどの広告媒体では「イベント名、イベント開催日、イベント概要、料金」など、企業の伝えたい情報を伝えて来場を促します。

しかしSNSでは、イベントスタッフの驚いたことや面白いネタなど、広告ではなくコンテンツと言えるような投稿でイベントを告知して行きます。

そして広告目的の投稿ばかりだと思われないように、ユーザーにとって有益な情報を提供しなければいけません。「誰かに教えたくなるような情報」や「続きも知りたいと思うような情報」として発信することで、ユーザーの支持を得ることができるのです。

 

ソーシャルメディアマーケティングの目的

ソーシャルメディアマーケティングの最終的な目的は、顧客との絆を作ることにあります。言い換えると、自社のファンを増やすことです。

目先の収益を追うのではなく、長く顧客になってくれる関係を顧客との間に築きます。それが自社の常連を作ることにつながり、長期的な収益アップにつながって行きます。

SNSで役に立つ面白いコンテンツを発信すれば、人が集まります。コンテンツに共感してくれればSNSでシェアされて、自然に拡散されて行きます。

ファンが新しいファンを呼び込み、それが結果として企業の業績につながって行くのです。顧客との間に双方に有益な良いサイクルを作り上げることが、ソーシャルメディアマーケティングの成功の秘訣なのです。

 

 

関連記事

  1. 広告を出稿できるSNS、それぞれどんな特徴がある?

    SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は、国内でも年々利用者が増加しています。SNSは強い発信力を持つツールですが、それだけではなくコミュニケーション力や拡散力にも優れています。

  2. LINEの公式アカウントを取得したい!どうすればいいの?

    LINEは日本人の6割以上が利用しており、毎日利用している人の割合も8割を超えています。LINEの利用者数や利用率はSNSの中でもトップレベルです。

  3. Instagramでのマーケティング、どんなふうに行えばいい?

    インスタグラムは、2017年に「インスタ映え」という流行語を生み出すほど話題になりました。現在もユーザーは増加し続けており、国内月間アクティブユーザー数は3,300万人を突破しています。

  4. Twitter上でのマーケティング、どんなメリットが有る?

    Twitterは、気軽につぶやくように投稿できるコミュニケーションツールで、Twitterに投稿することを「ツイートする」とか「つぶやく」と言います。 世界中に多数のTwitterユーザーがおり、日本国内でも月間アクティブユーザー数は4,500万人を超えています。

ページ上部へ戻る
Close Bitnami banner
Bitnami